「強制操りマイクロチップ」を読んだ感想